仮想通貨の基礎知識 | 知っておきたい!仮想通貨と税金の関係

仮想通貨には税金がかかる

現代における仮想通貨と税金

仮想通貨とは

皆様も耳にしたことのある仮想通貨。
仮想通貨とは、暗号化された通貨であり、国際的な通貨で決済などで使用できるインターネットで取引されているものになります。
多くの人は決済に使うというよりも、投資などで所持されている方が比較的多くいます。
誰にでも使えて、インターネット環境さえあれば使うことができます。
仮想通貨には、発行の上限がありビットコインが2100万BTCとされています。
これは、法定通貨のように上限が決まっていない場合インフレーションが起こってしまいますが仮想通貨はそうではありません。
また、電子マネーと似ているかもしれませんが、仮想通貨は換金が自由にできます。
日本円から仮想通貨に、仮想通貨から日本円に替えることが自由にできるのも特徴の一つです。

気になるセキュリティ

仮想通貨は暗号された通貨とも言われています。
外国では、Cryptocurrencyと呼ばれているように高度な数字、高度な暗号技術によって守られています。
不正を防止する電子署名や、電子台帳のブロックチェーン、改ざんを防ぐマイニングというものがあります。
しかし、注意点があり100%防ぐことができないのも現状です。
盗まれる可能性があったり、ネット攻撃を受けるリスクもあります。
また、インターネット利用する前に電気の供給が停止したりすると利用できませんし、投資目的で損をしてしまう可能性もあるのです。
法定通貨にも仮想通貨にもそれぞれリスクがありますが、そのリスクを踏まえた上で仮想通貨を所持することが重要となってきます。


この記事をシェアする