借金解決BANK

オートローン完済前の人が任意整理するときのポイント2つ

任意整理を検討している人の中には、自動車の購入に使ったオートローンが完済前だという人も少なからずいると思います。
完済前のオートローンがあっても任意整理できるのか、任意整理すると車はどうなるのか、といった点は気になるところなのではないでしょうか。
ここでは、オートローンを任意整理すると車が回収されること、任意整理ならオートローンを対象から外すことで車を守れることについて説明していきます。

オートローンを任意整理すると車が回収される

車を買うために利用したオートローンが完済していないという人でも、任意整理をすること自体はできます。
ただし、オートローンを任意整理の対象にすると、車の所有権がローン会社に移るため、車が回収されてしまいます。
車を残して借金を整理したいなら、任意整理の対象からオートローンを外す必要があるのです。

任意整理ならオートローンを対象から外せる

個人再生や自己破産といった債務整理の場合は、裁判所を通す法的な手続きなので、すべての借金を同じように整理しなければならないというルールが厳格に適用されるため、オートローンのみ対象から外すということはできません。
一方、任意整理は自分の代理人である弁護士・司法書士と会社側とが任意で行う私的な交渉であるため、どの会社を任意整理するかは自分で自由に決めることができます。
つまり、任意整理ならオートローンのみ対象から外し、他の借金を整理するということが可能なのです。
例えば、オリコのオートローンを使って車を購入した人がレイクから60万円とみずほ銀行から80万円の合計140万円を借金していた場合、オリコを対象に入れずにレイクとみずほ銀行の借金だけを任意整理し、約28万円の利息をカットしたうえで、毎月の返済額を約7万円から約2万3000円まで引き下げる、といったことが可能です。

まとめ

オートローンが完済前の場合、個人再生や自己破産をするとオートローンが債務整理の対象に必ず含まれるため、車が回収されてしまうことになります。
しかし、任意整理はあくまでも私的な交渉であるため、どの借金を整理するかは自分で自由に決めることができます。
その特徴を利用してオートローンのみ任意整理の対象から外し、他の借金を任意整理すれば、車を手放すことなく、利息のカットや返済期間の延長といったメリットによって毎月の返済額を抑えることが可能です。