借金解決BANK

任意整理が終わったらカードが使えなくなるって本当?

借金問題で悩んで任意整理を考えている人の中には、「任意整理が終わったらクレジットカードが使えなくなる」という情報を見たことがある人もいるかもしれません。
任意整理をすることで、いくつかのデメリットを受けることになるというのは事実ですが、デメリットについては間違った情報が広まってしまっていることもあります。
ここでは、任意整理をすると受けることになるデメリットについて、正しい情報を記していきます。

カードが使えなくなるのは「任意整理が終わったら」ではない

任意整理でクレジットカードが使えなくなるタイミングは、「任意整理が終わったら」ではありません。
弁護士や司法書士に任意整理を正式に依頼すると、会社側に「受任通知」というものが送られます。
受任通知とは、弁護士などが正式に任意整理を受任し、手続きを開始するという旨を会社側に知らせる通知です。
この通知を受け取った会社側は、銀行・クレジットカード会社・消費者金融が加盟している「信用情報機関」という機関に、「この人は借金を返せず任意整理をした」という情報を送ります。
受任通知が送付された時点から、カード会社などが信用情報機関で任意整理の情報をチェックすることができるようになるため、クレジットカードが使えなくなる、ローンやキャッシングで借金できない、分割払いができない、などの制限をどの会社でも受けるようになります。
この状態は、一般的に「ブラックリストに載る」という言い方をされています。

任意整理後のブラックリスト期間が終わったらまたカードが使える

任意整理をすると永遠にブラックリストの制限を受け続けるのかというと、そうではありません。
任意整理の情報が信用情報機関に登録されるのは、約5年間と期間が決められています。
この期間が過ぎれば、元のようにクレジットカードの利用などができるようになるので、その点は安心してください。

まとめ

ブラックリストの制限でクレジットカードが使えなくなったりするのは、任意整理が終わったらではなく、受任通知が送られて任意整理が始まったタイミングからです。
その後はどこの会社でも、クレジットカードが使えないなどの制限を受けることになりますが、この状態は「ブラックリストに載る」という言い方をされます。
任意整理の場合、ブラックリストの制限を受けるのは約5年間です。
ブラックリストの期間が終わったら、元のようにクレジットカードを使ったり借金をしたりできるようになります。