借金解決BANK

任意整理後にお金を借りたい人が読む2つのポイント

任意整理をすると利息・遅延損害金のカットや返済期間の延長によって毎月の返済が楽になりますが、任意整理後でも生活に困って「お金を借りたい」と思う人はいます。
任意整理の後は基本的にお金を借りられませんが、公的機関から借りることなどはできます。
ここでは、お金が借りられなくなる仕組みや公的機関の「生活福祉資金貸付制度」について説明していきます。

任意整理後はお金を借りたいと思っても借りられない

任意整理をすると、銀行・クレジットカード会社・消費者金融が加盟している「信用情報機関」に「この人は借金をあらかじめ決められた条件で返せずに債務整理をした」という情報が登録されます。
信用情報機関の情報は加盟している会社ならどこでも見られるようになるため、任意整理をした会社以外の会社でも、ローンやキャッシングなどで新規の借金ができなくなります。
任意整理で信用情報機関に登録される期間は約5年なので、この期間が過ぎると制限が解除され、元のように借金をしたりできるようになります。
このように、任意整理後はお金を借りたいと思っても簡単には借りることができません。

任意整理後にお金を借りたい人の味方「生活福祉資金貸付制度」

どうしても任意整理後にお金を借りたい場合、市区町村の「社会福祉協議会」という公的機関が運営している「生活福祉資金貸付制度」という制度を利用してお金を借りることは可能です。
生活福祉資金貸付制度には、生活再建や住宅入居時などに使える「総合支援資金」や、一時的に生計が維持できなくなった時に使える「福祉資金」の「緊急小口資金」など、いくつかの種類があります。
利用したい場合は、市区町村役場に行って相談してみてください。

まとめ

任意整理をすると、お金を貸す会社が登録している「信用情報機関」に情報が登録されることで、新規に借金ができなくなります。
任意整理による信用情報機関への登録は約5年間で、この期間が過ぎれば再び借金ができるようになります。
制限がかかっている間にどうしてもお金を借りたい場合は、「社会福祉協議会」という公的機関が提供している「生活福祉資金貸付制度」を利用すれば、信用情報機関への登録中でもお金を借りることが可能です。