借金解決BANK

任意整理後に返済が遅れたときは?

任意整理をすると、利息・遅延損害金の全額カットや返済期間の延長によって、毎月の返済の負担を軽くすることができます。
しかし、転職や病気などなんらかの事情で任意整理後の返済が遅れそうになったり、実際に遅れてしまったりする可能性は誰にでもあります。
ここでは、任意整理後の返済遅れについて詳しく説明していきます。

任意整理後の返済が遅れそうになったら

任意整理後に「返済が遅れてしまいそうだ」「期日までに返済できないかもしれない」と思ったら、すぐに弁護士や司法書士に連絡してください。
任意整理後の返済が遅れてしまいそうな経済状況になっているということをまずは知らせるべきですし、今後の対応について一緒に考えてもらえます。
返済が遅れそうな状況がずっと続くのか、一時的なものなのかによっても対応は違いますが、会社側とも話し合って最適な返済計画を考え直すことも可能ですので、あきらめないでください。

任意整理後の返済が実際に遅れてしまったら

任意整理後の返済が実際に遅れてしまった場合、まず2カ月分滞納しないように、返済を追いつかせることを最優先にします。
返済遅れが2カ月分続いてしまうと、会社側は一括払いで借金の全額を返済するように請求してきますので、まずはそれを避けるというわけです。
もし、返済遅れが2カ月分になってしまったら、実際に一括返済の請求を受けるわけですが、再度任意整理をすることは可能です。
ただし、毎月の返済額が上がるなど、条件が以前より悪くなる可能性も高くなりますので、とにかく返済遅れは1カ月までで抑えることが重要です。
もし、2回目の任意整理をしても返済が厳しそうな状況なら、自己破産や個人再生に変えることで、借金をなくしたり、元本を大幅に減額してもらったりすることも可能です。
支払いが遅れてしまいそうな状況がずっと続く見込みなら、その旨を弁護士などに説明し、自己破産と個人再生のどちらがいいか考えてもらうとよいでしょう。

まとめ

任意整理後に返済が遅れそうな場合は、すぐに弁護士や司法書士に連絡を入れ、返済が遅れることを会社側に伝えるべきです。
遅れが1カ月分であれば、まだ一括返済の請求は来ないので、がんばって返済すれば大丈夫です。
任意整理後の返済遅れが2カ月分になってしまうと、借金の残高が一括払いで請求されます。
その場合は再度任意整理をすることになりますが、条件は前回よりも悪くなりがちです。
もし、2回目の任意整理をしても返済が苦しいようなら、自己破産や個人再生に変えることもできますので、弁護士や司法書士に相談してください。