借金解決BANK

借金の一括返済について知っておきたい3つのポイント

ボーナスをもらった、宝くじに当たったなど、借金をした後でまとまった収入があったときは、一括返済をすると支払う利息が抑えられてお得です。

一括返済をするときには押さえておきたい手順があるので、この記事ではそれも紹介していきます。

また、一括返済はできない人でも、繰り上げ返済を繰り返していくことで利息の総額を減らすことは可能です。

借金を一括返済すると利息が抑えられる

借金の一括返済とは、借金の元本と利息の残高を全額一括で返済することをいいます。

一括返済すると、支払う利息の総額を大きく減らすことができます

例えば、金利18%で借りた100万円を2年で返済すると、支払う利息の総額は約20万円ですが、借りてから半年後に一括返済した場合、利息は9万円程度で済みます。

借金を一括返済するときは消費者金融に電話を

借金の一括返済をしたいときは、支払いの残高を確認したり、返済日を決めたりする必要があるので、事前に消費者金融に電話で連絡をしましょう。

一括返済の方法には、消費者金融の窓口に現金を持参する方法や、ATMに入金する方法、指定の一括返済専用口座に振り込みをする方法があります。

この中では、一括返済専用口座に振り込みをするのが最も楽な方法だといえるでしょう。

なお、ATMに入金する方法だとお釣りが出ないことが多いので、1000円以下の端数は消費者金融側に返金対応を依頼する必要があります。

一括返済の返済額を入金すると、借金を完済した証明となる領収書が受け取れます。

一括返済はできなくても繰り上げ返済で借金の利息を減らせる

一括返済ができない人も、最低返済額より多くの金額を入金する繰り上げ返済を繰り返すことで、借金の完済を早くして利息を抑えることができます。

家計に余裕のあるときは、生活費などに影響が出ない範囲で繰り上げ返済をしてみるといいでしょう。

まとめ

借金の元本と利息の残額をすべて返済する一括返済を行うと、支払う利息の総額を大きく減らすことができます。

一括返済をするときは、返済額を確認して返済日を決める必要があるので、消費者金融へあらかじめ電話で連絡を入れておきましょう。

一括返済の方法には、消費者金融の窓口へお金を持っていく方法、ATMで入金する方法、指定の一括返済専用口座に振り込みをする方法があります。

また、一括返済ができない人でも、家計に余裕があるときに繰り上げ返済を行えば、支払う利息の総額を抑えて借金を返済していけます。