借金解決BANK

借金を圧縮する正式な手続き「個人再生」について解説

借金の返済に困っている人の中には、借金の元本を圧縮したいという人も多くいるでしょう。

借金問題を解決できる手続きのことを「債務整理」といいますが、債務整理の中で借金の圧縮ができるのは「個人再生」という手続きです。

ここではまず、個人再生について説明したうえで、借金の圧縮以外の対策ができる任意整理と自己破産についてもふれていきます。

借金を圧縮する手続きは「個人再生」という債務整理

個人再生では、裁判所に申し立てることで借金の元本を圧縮(減額)してもらうことができます。圧縮してもらった借金は、3~5年かけて返済していくことになります。

個人再生で圧縮してもらえる借金の金額は、借金額ごとに以下のような基準が決められています。

借金額100万円未満:なし
借金額100万円~500万円:100万円に圧縮
借金額500万円~1500万円:借金額の5分の1に圧縮
借金額1500万円~3000万円:300万円に圧縮
借金額3000万円~5000万円:借金額の10分の1に圧縮
借金額5000万円を超える場合:個人再生できない

また、財産を持っている人は、持っている財産をお金に替えたときの金額は最低でも返済しなければなりません。

例えば、同じ借金額500万円の人でも、財産がない人なら借金は100万円まで圧縮してもらえますが、100万円の車と50万円のバイクがある人は150万円までしか圧縮してもらえません。

借金の圧縮以外のことができる債務整理「任意整理」と「自己破産」

任意整理では借金の圧縮はできませんが、利息や遅延損害金を0円にしてもらったり、返済期間を60回払いなどの長期に延長してもらったりして、借金の返済を楽にすることができます。

自己破産では、財産を処分する代わりに、借金の返済義務自体を免除としてもらい、借金がいくらあってもなくしてもらうことが可能です。借金を圧縮する個人再生よりも、さらに強力な債務整理というわけです。

まとめ

借金の圧縮ができる債務整理は個人再生です。個人再生では、借金の元本を圧縮してもらい、それを3~5年かけて返済していくことになります。

個人再生における借金の圧縮率は、借金額ごとに決められた基準と、本人が持っている財産の価格のうち、高い方までとなっています。

任意整理では借金の圧縮はできませんが、利息・遅延損害金の全額カットや返済期間の延長ができます。

自己破産は財産を処分する代わりに借金自体をなくせるので、借金の圧縮をする個人再生よりもさらに強力な債務整理です。