借金解決BANK

借金はいくらまでできる?法律上のルールと実際に借りていい金額

借金がいくらまでできるかというのは、法律で定められています。

しかし、実際にいくらまで借金していいかというのは、本人の収入や支出によって変わってきますので、「返済できるかどうか」を基準に考えるべきです。

ここではさらに、返済ができなくなってしまったときの対策として、債務整理という手続きを簡単に紹介しておきます。

借金がいくらまでできるかというルール「総量規制」

借金がいくらまでできるかというのは、法律で定められた「総量規制」というルールで「年収の3分の1まで」と決められています。

これはクレジットカード会社や消費者金融からの借金の合計額に適用されるものなので、年収300万円の人がエポスカードから90万円とアコムから80万円を借りる、といったことはできません。

いくらまで借金していいかは「返済できるか」で考える

総量規制で年収の3分の1まで借金できると決められているとはいえ、実際に年収の3分の1の金額を借金した場合、返済は相当厳しくなるでしょう。

年収が300万円の人が総量規制いっぱいまで借金すると100万円借りられますが、金利18%で借りた場合、2年程度の間、毎月約5万円を返済し続けなければ借金が完済できません。

年収300万円なら月収は額面で25万円程度、手取りが20万円くらいになるかと思われますが、家賃や生活費を支払いつつ毎月5万円を返済に充てた場合、家計の余裕はあまりないでしょう。

返済しきれない借金は「債務整理」できる

「この金額までなら借金しても大丈夫だろう」と考えて借金をしたものの、返済がままならない状態になってしまうというリスクは誰にでもあります。

その場合、借金を減額・免除してもらう正式な手続きである「債務整理」を行うことで、借金を完済したりなくしたりできます。

債務整理にも種類があり、「任意整理」では利息・遅延損害金のカット、「個人再生」では元本の大幅な減額、「自己破産」では借金の返済義務自体の免除が実現できます。

三重の債務整理におすすめの弁護士

まとめ

借金がいくらまでできるかは、総量規制というルールで「年収の3分の1まで」と定められています。

しかし、実際に年収の3分の1まで借金をしてしまうと返済が厳しくなることが多いので、自分の家計に見合った返済可能な金額を借りることが大切です。

もし借金を返済しきれなくなってしまったら、任意整理・個人再生・自己破産といった債務整理を行うことで、借金問題を解決できます。