借金解決BANK

借金する意味とは?メリット・デメリットを解説

お金を借りたいと思った時に、「この借金には意味があるのだろうか」と考えるのは大切なことです。

借金をするときには常に「返済できなくなるリスク」が付いてきますので、意味のない借金は可能な限り避けたほうがいいからです。

ここでは、借金をする意味として「必要なお金の前借りができる」というメリットを紹介したうえで、「返済できなくなるリスク」というデメリットの面にもふれていきます。

借金をする意味とは「必要なお金の前借りができる」というメリット

常に余裕を持って家計を維持できればそれに越したことはないのですが、思いがけない出費があったり、「どうしてもこのタイミングでお金が必要だ」と思うことがあったりというのは、誰にでも起こりうることです。

そのようなときに、家族や知人に迷惑をかけずに必要なお金を前借りできるというメリットが、ローンやキャッシングで借金をすることの意味だといえるでしょう。

家や車を買うためのローンから、足りなくなってしまった生活費の足しにするためのカードローンやキャッシングまで、借金にも様々な種類があります。

できるだけ損をしない方法でお金を借りて、可能な限り早く完済する。

借金を意味のあるものにするためにはそうした心がけが常に重要となります。

借金には「返済できなくなるリスク」というデメリットもある

借金をするときには、常に「返済できなくなるリスク」が付いて回ります。

今余裕を持って借金の返済ができていたとしても、急な病気や事故、失業や転職などで収入が減ることはありえますし、高額医療費など予期していなかった大きな出費が発生することも、人生の様々な面で起こりうるでしょう。

借金の返済が苦しくなってしまったらどうするか。そのリスクヘッジとして、借金問題を解決するための正式な手続きである「債務整理」については知っておいたほうがいいです。

債務整理には「任意整理」「個人再生」「自己破産」といった種類があり、それぞれ利息のカットや元本の減額、借金の返済自体の免除といったメリットが得られます。

その代わりデメリットもあるので、自分の状況に応じた手続きを選ぶことが重要です。

まとめ

ローンやキャッシングなどで借金をする意味としては、「家族や知人に迷惑をかけずにその時必要なお金を前借りできる」というメリットがあります。

ただし、借金には常に「返済できなくなるリスク」というデメリットも伴われますので、リスクヘッジとして任意整理・個人再生・自己破産といった「債務整理」については覚えておいたほうがよいでしょう。