借金解決BANK

借金はいくらからヤバいの?具体的な数字をあげて解説

借金をしている人には、「このくらいの金額なら大丈夫」という感覚の人もいれば、「この借金額はヤバいかも」と感じている人もいます。

借金には住宅ローンや自動車ローンなど金利が低めの目的がはっきりしたローンもありますが、ここでは手軽に借りられて自由な目的に使えるカードローンやキャッシングについての話をしていきます。

借金がいくらだとヤバいかは収入によって違う

まず、前提として借金がいくらだとヤバいかは本人の収入によってかなり変わってきます。

借金をするときのルールとして、「総量規制」という法律で決められた借金の上限があるのですが、これは本人の年収の3分の1までしかお金を貸してはいけませんよ、という決まりです。

年収が300万円ある人なら総額100万円、年収200万円の人なら総額約66万円が、法律で決められた借金額の上限だということです。

なので、この金額を超える借金をしている人はヤバいといえるでしょう。

いくらの借金がヤバいか判断する基準は「返せるかどうか」

上述の総量規制の上限までいかなくても、返せないほどの借金をしてしまうとかなりヤバいことになります。

100万円の借金をした場合、2年で返すとしたら、毎月の返済額は5万円程度です。

月収が20万円ある人なら毎月5万円の返済はできるという人も少なくないかもしれませんが、15万円しか月収がない人が毎月5万円の返済を2年間続けていくのはかなりきついでしょう。

また、借金の返済では会社側が決めた最低返済額しか支払っていないと、最終的に支払う利息の総額がかなり大きくなります。

最低返済額より多くの金額を返済する「繰り上げ返済」をしていくのは借金返済の重要なポイントなので、それができないほどの金額の借金はしないほうがいいといえます。

まとめ

借金がいくらだとヤバいかは、法律で決められた総量規制というルールで「年収の3分の1」という基準が設けられています。

また、総量規制の範囲内でも、返済ができないほどの借金をしてしまうと、家計はかなりヤバいことになります。

借金の返済では、会社側が決めた最低返済額より多くの金額を支払う「繰り上げ返済」をしていくのが、利息を抑えるための重要なポイントです。

借金をいくらするか決めるときは、繰り上げ返済をしていくことができる範囲内にしておいたほうがよいでしょう。