借金解決BANK

安全に借金したいならこれだけは知っておきたい2つの知識

「どうしてもお金が足りない」「急場の出費をなんとかしたい」といった理由で、安全に借金をしたいと考えることは誰にでもあると思います。

住宅ローンや奨学金といった目的のある借金ではなく、何にでも自由に使えるお金を借りるというのは、慣れていない人にとっては少し怖いことかもしれません。

ここでは、安全に借金をするために知っておきたい2つの知識を紹介していきます。

安全に借金ができる3種類の会社

日本において、国に認められて安全に借金ができる主な会社は、銀行・クレジットカード会社・消費者金融の3種類です。

三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行など、銀行なら口座を持っていてなじみがあるという人がほとんどでしょう。銀行で自由に使えるお金を借りるには、「銀行カードローン」という金融商品を利用することになります。

アプラスやイオンカードなど、クレジットカード会社でも自由に使えるお金を借りることができます。クレジットカードには「キャッシング枠」というものがあり、申請すれば設定した金額の範囲内でお金を借りることができるのです。

アイフルやプロミスといった消費者金融は、いわゆるサラ金と呼ばれるもので、自由に使えるお金を貸すことを主な事業としています。一番胡散臭いと思えるかもしれませんが、正式に登録している消費者金融は良心的な営業をしています。

安全に借金をするために「金利」を知ろう

安全な借金というのは、無理なく返済ができる借金のことです。合法的に営業している会社から借金をしても、返済ができないような借り方をすると安全な借金とはいえません。

安全に借金をするには、まず金利を確認しましょう。金利というのは「金利15%」「年利18%」といった書き方をされますが、利息のレートのことで、数字が大きいほど利息がたくさんついて返済が大変になります

上述した3種類の会社で最も金利が低いのは、銀行です。銀行カードローンなら、金利14.5%など低めの金利で自由に使えるお金を借りられ、借りられる金額である「限度額」もそこそこ大きいことが多いです。

クレジットカード会社のキャッシングは、金利が安いわけではないですし、毎月一定額を支払う「リボ払い」という返済方法だと返済が長引いて高額な利息を支払うことになります。

その点では、消費者金融のほうが安全にお金を借りられるといえます。

まとめ

日本で安全に借金をするなら、銀行・クレジットカード会社・消費者金融の3種類の会社でお金を借りることになります。

安全な借金をしたいなら返済が重要になりますが、金利が低い銀行から借りられればそれが一番いいでしょう。クレジットカードは手軽ですが、リボ払いには注意です。