借金解決BANK

借金してまで慰謝料は支払うべき?3つのポイントで解説

結婚したパートナーに不満があったり、他に魅力的な異性を見つけてしまったりして、不倫に臨んでしまう人は少なからずいます。

不倫の証拠を押さえられると慰謝料を請求される場合がありますが、慰謝料を支払えるだけの経済力がない場合はどうしたらいいのでしょうか。

ここでは、慰謝料を支払うために借金をしてしまう前に、できることがいくつかあるということをまとめていきます。

慰謝料が高額すぎて借金しないと払えないというケースもある

結婚している人が不倫をした場合、パートナーに不倫したという事実を知られると、不倫の慰謝料を請求されることになります。

不倫をしたことによる慰謝料の金額は、一般的な例で言うと50万円~300万円程度です。

決して安い金額ではありませんので、「支払うには借金をしなければいけない」と悩む人も多いでしょう。

借金して慰謝料を払う前に確認したい「慰謝料請求の条件」

不倫したという事実がわかったからといって、無条件に慰謝料が請求できるわけではありません。

以下に記す3つの条件が揃わなければ、裁判に訴えても慰謝料は請求できない可能性があります。

1.浮気相手と肉体関係があり貞操権が侵害されていること
2.浮気が原因で結婚生活が成り立たなくなったことが証明できること
3.ラブホテルを利用した証拠など肉体関係があった証拠を出せること
4.不倫が発覚してから3年が経過して時効が成立していないこと

借金して慰謝料を支払うより分割払いの提案を

前述のとおり、慰謝料の相場は50万円~300万円程度ですので、高額になった場合、借金をして慰謝料を支払うと利息によって家計が破綻してしまうおそれがあります。

ですので、慰謝料の請求を受けるのが避けられず、一括払いで支払うのも難しいという場合は、分割払いでの支払いを提案してみましょう。

また、本当に財産がないのであれば、相場以下の金額の慰謝料で示談にできる可能性もあります。

まとめ

不倫による慰謝料の相場は、50万円~300万円程度と高額になる可能性があります。

慰謝料を支払うために借金をする前に、本当に慰謝料を請求されるだけの条件が揃っているのかをまず確認しましょう。

証拠がなかったり時効が成立していたりする場合、裁判になっても慰謝料請求の権利が発生しないことがあります。

実際に慰謝料を請求されることになった場合、財産がないのであれば分割払いや相場以下での示談を提案してみるのもよいでしょう。