借金解決BANK

自己破産しても売掛金回収には応じないといけない?

自営業者や個人事業主として働いている人の場合、自己破産をしても取引先からの売掛金回収に応じなければならないのではないかと心配な人もいると思います。
ここでは、自己破産すれば売掛金回収には応じなくてよくなるということを説明していきます。

自己破産すれば売掛金回収に応じる義務がなくなる

自己破産とは、財産を処分するのと引き換えに、借金などの支払義務を免除してもらえる債務整理です。
自己破産をすれば、銀行・クレジットカード会社・消費者金融などからの借金はすべてなくなり、一般企業からの請求に対する支払義務も免除としてもらえます。
そのため、自己破産すれば売掛金回収に応じる義務はなくなるのです。
なお、自己破産して売掛金回収に対する支払義務がなくなっているのにもかかわらず一部の企業だけに売掛金を支払うと、偏頗弁済という違反にあたるため自己破産が認められなくなってしまいますので注意してください。

自己破産で回避できるのは破産手続開始決定より前の売掛金回収のみ

自己破産で支払義務が免除としてもらえるのは、破産手続開始決定より前に発生した売掛金についての売掛金回収のみです。
自己破産後も事業を続ける場合、破産手続開始決定より後に発生した売掛金については、売掛金回収に応じる義務がありますので注意してください。

取引先の企業が自己破産したら売掛金回収はできない

取引先の企業が自己破産した場合、売掛金回収に対する支払義務が免除とされるため、売掛金回収を行うことはできなくなります。
取引先の企業から受け取れるお金は、取引先の企業が持っていた財産を処分した売上からの配当のみとなります。

まとめ

自己破産をすると企業などからの請求に対する支払義務が免除となるため、売掛金回収に応じる義務がなくなります。
この状態で一部の企業だけに支払いをすると偏頗弁済になるので注意してください。
なお、支払義務が免除となるのは破産手続開始決定より前に発生した売掛金についての売掛金回収のみです。
また、取引先が自己破産した場合は売掛金回収を行うことができなくなりますが、取引先が持っていた財産を処分した売上から配当を受け取ることは可能です。

西宮で自己破産ならこちらの司法書士がおすすめ